スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きとし生きるものの運命

続きを読む »

スポンサーサイト

午後 2時20分頃

リキ様は
俺の腕の中で息を引き取りました。

CA3A0217.jpg


続きを読む »

昨日辺りからリキ様は散歩にも行けなくなりました。
それだけ体力が無い証拠。
おしっこするにも片足を上げることもできません。
今朝は頑張ってウンコしたんですが
今日は意識朦朧状態が続いています。

医者には
「食事を取らなくなって3週間くらいかな・・・
 もちろんその子の持っている体力があるから判らないけど」

リキ様が食事を取れなくなって3週間です。
医者がいった期間に突入です。
一口二口と食べてくれる時もありますが
食べれば必ず嘔吐するから意味がありません。
逆に体力使うから自殺行為。

もしかすると今週が『峠』なのかも。
週末は親戚の結婚式があって、両親と祖母は静岡へ。
夜は帰ってくるけど、さぁどうかなぁ・・・
本当に逝ってしまうのであれば家族揃っている中、
看取ってあげたい。

これが俺が出来る最後だから・・・




コメント、メールありがとうございます。
またまとめて返事させていただきます。

今朝、リキ様を連れて病院へ行って来ました。

今朝方のリキ様の様子は…
自力で立つのも困難な状態に。
たった一晩で状況がどんどん変化していくリキ様。
こういうとき、人間は何も出来ません。
グッタリしているリキ様を車の助手席に運び、病院へ。

病院に着くと、先に居たのはハスキー犬。
飼い主の腕に抱えられて大人しくしておりましたw
で、リキ様を診察台に乗せると、立っていられないリキ様はお座り状態。
診察台の上からハスキー犬を先生が来るまでず~~と見つめていました。
ハスキー犬の方もリキ様を見ていて、アイコンタクト。
多分、何か話をしているんだろうなぁ・・・ と思ったり。

で、先生が登場していつもの注射の準備。
栄養剤の注射です。。。

腎不全、人間は透析が必要な病気。
ペットが腎臓を悪くしたらもう生きていられません。
ネットで腎不全を調べても「治る」という文字は見られませんでした。
逆に「進行を遅らせる」「痛みを和らげる」などのことしか書かれていません。
現実をしっかり見せてくれるHPだと「逝くのを待つだけの病気」と書かれています。
猫に比べて犬が腎不全になるのは本当に珍しい。
そして犬が腎不全になった場合 「進行が早い」 そうです。

病院の先生も良くなったね…
とは一切言ってくれません。
逆に 「これくらいしかできないからね・・・」 と。
そして俺を励ましてくれました。

注射が終わって病気について先生と話をしている時
リキ様は診察台に伏せ状態。
顔だけ診察台のふちに出して下を見ていました。
そして俺の ジーンズ太もも に1つのシミが。
リキ様の目を見ると、涙が流れ落ちた後が・・・

今までリキ様はずっと泣いていました。
でも本当は泣いている様に見えるのは目の粘液。
それが溢れ出て乾燥して目やにになるんです。
だから今まではそれを 「 涙 」 と言いながら何度かふき取っていたんです。

でも、今回はそうではありませんでした。
目の下に着いている毛に残っているのを手に取ると
いつもの粘り気がありませんでした。

  本当の涙

「逝くのを待つ病気だけど
 貴方も元気を出してくださいね」

そう、先生に言われたとたん
今まで泣かないようにしていたのに・・・
リキ様の頭を抱きしめて泣いてしまいました。。。

一番辛いのは病気と闘っているリキ様。
元気になって欲しい…
でも食事は取らないし、水分も滅多なことがない限り取らない。
それは腎臓を悪くした犬猫の防衛本能が働くから。
食事を取ればその分毒素を取り入れることになる。
毒素を除去する働きを持つ腎臓が悪くなっていれば、一気に毒素が広がる。
それを防ぐためには 「食事を取らない方がいい」 と言うのです。
でも、食事を取らなければ体力が低下して衰弱していく一方。
無理やり食べさせるわけにもいかないし、ホント、何も出来ない。

食事を食べてくれたとしても、毒素で死んでしまう。
毒素で死ななくても、食事を取らなければ衰弱死。
どっちに転んでも本当に 視を待つだけの病気 なんです。

家に帰って来ていつもの寝床に戻すと
リキ様は安心したかのように寝始めました。


そして30分くらい別のことをしてリキ様の様子を見ると・・・
3日ぶりにウンコをしていました。。。
そのウンコは真っ黒。活性炭を飲ませているため、真っ黒になります。
でも、そのウンコが出てる!っていうだけで家族は大喜び。
理由は・・・

3週間も食事を取っていないために 出るものがない からです。
ウンコが出てこなければ毒素を排出できない。
金曜日の夜、散歩途中で少し出した程度で、それ以降出ていなかったウンコ。
今回は固形の状態で小さいながらも2塊出ていました。
毒素が外に出てくれればなんとかなる。すこしでも生きながらえれる。
もうほんと、それを祈るばかりなんです。。。


リキ様の腎不全の兆候は先月24日辺りからでした。
食べては戻すという状態が続いていて…
どうしたんだろ??って思っていました。
それがまさかこんな病気だったとは思わなかったけど、
去年の9月ごろ、リキ様が大きな怪我をしたことがありました。
その時の血液検査の結果も、腎臓の数値が通常20のところ、39を示していました。
これは血液が大量に流れてしまったためになったものだと思っていましたが
病魔はその時から少しずつリキ様を蝕んでいたんだって
今日の診察で知りました。

もし、あの怪我がなかったら・・・
リキ様は今も元気だったのかもしれない。。。。





見ている限り、今月が山です。
出来る限りのことをしてあげたい。
出来ることなら、奇跡が起きて欲しいです・・・
【奇跡】を・・・

珍しい

かなり珍しいそうです。
犬の 『腎不全』 という病気。


先日の血液検査の結果が出て
昨日の夜、電話で確認しました。

すると腎臓の動きを示す数値が数十倍。
完全に腎臓の機能が停まっているような結果でした。
先生は『人間で言う透析が必要になる状態』になったら『お手上げ』だそうです。
人間は透析が出来ても、犬は透析できないんだって。

いくら人間のようなリキ様でも
カラダは確実に犬。
透析が出来るわけないんですよね(T-T)

あとどれだけ持つか判りませんが
これから血液を薄めて毒素を出す治療に入ります。
そして腎臓の負担を軽くして、血液検査を再度してみるとのこと。
その結果次第で今後の対応を決めるそうです。


リキ様、食事も水分も取ってくれません。
ずっとずっと泣いているリキ様が・・・




俺たち飼い主はこういうとき、
病院へ連れて行って薬を飲ませる事しか出来ないから
なんか物凄くやるせないです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。